ブログ

ブログ 20 AVR

ブログ 20 AVR

2018年 4月 20日

今季のテーマ  春、ふたたびの

 素焼き、素焼きの風合いの食器は、料理の見た目を上げる一方で、主婦の目線からすると洗いにくく、歳月と共に清潔感が失われます。もちろん、適宜扱えば問題はないのですが、忙しい家事の合間に特別なことをしなくてはならないとなると、いつの間にか使われなくなってしまうもの。普段使いの器は、、やはり使い勝手優先のものが一番のように思います。

 ゆったりと時の流れていた時代には、扱いにくい器も、心からのもてなしのために惜しみなく使い、大切に手入れもしていたことでしょう。効率、コスパが基準の現代から見ると、羨ましくもあったりします。

商品番号 1111   亀甲文蓋物    高さ  7.1 cm    径 11.0 cm

ブログ 30 AVR ブログ 10 AVR
18 of 70