ブログ

ブログ 10 JAN

ブログ 10 JAN

2018年 1月 10日

今季のテーマ  燃ゆる赤、映ゆる紅

 皆様、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 この地域の神社を訪れると、蚕を祀った祠や石碑が沢山見られます。昭和50年代頃までは、まだ街のあちらこちらで糸取りの独特のにおいがしていましたし、桑畑も沢山ありました。それにしても、お蚕様、と最上級の敬語で呼ばれ、信仰の対象でもある昆虫は、恐らく蚕だけだと思います。陶磁器に蚕の絵付けをするのも、やはり富と豊饒を願ってのことでしょう。この凝ったデザインの皿は、桑の葉や蚕のモチーフもさることながら、菊花を散らした赤と金のアラベスクの部分に欧風の香りがします。初春に当たり、皆様の豊かな一年を願って、この一点を選びました。

商品番号 1307      蚕文桑葉皿    径  20.4 cm

ブログ 20 JAN ブログ 30 DEC
28 of 70